歴史ノート

『日本三代実録』より天安二年から仁和三年までの史実メモ

貞観元年四月九日

九日甲午、

  • 従五位下守諸陵頭当麻真人清雄

を図書頭と為し、

  • 従五位下守図書頭安倍朝臣房上

を治部少輔と為し、

  • 従五位下行大外記兼相模介滋野朝臣安成

を上野権介と為して大外記故の如かりき。