歴史ノート

『日本三代実録』より天安二年から仁和三年までの史実メモ

貞観元年四月十五日

十五日庚子、公卿、太政官曹司聴に於いて成選の位記を賜ひき。 宣制して云ひけらく、 勅旨らまと宣り給ふ大命を、衆聞し食せと宣る。 天安二年の成選の人等に、其の仕へ奉る状の隋に冠位上げ賜ひ治め賜はくと宣り給ふ大命を衆聞し食せと宣る。 と。 是の日、…

貞観元年四月十日

十日乙未、 法花寺従三位薦枕高御産栖日神 に正三位を授け、 正四位上火雷神 に従三位、 従四位下法花寺坐神 に従四位上。

貞観元年四月九日

九日甲午、 従五位下守諸陵頭当麻真人清雄 を図書頭と為し、 従五位下守図書頭安倍朝臣房上 を治部少輔と為し、 従五位下行大外記兼相模介滋野朝臣安成 を上野権介と為して大外記故の如かりき。

貞観元年四月八日

八日癸巳、内殿の灌仏、常の如し。 凡そ毎年四月八日、天子、内殿に灌仏し給ひ、親王公卿及び殿上の六位以上、各嚫銭を奉ること多少の差有り。 他皆此れに効へ。

貞観元年四月七日

七日壬辰、式兵の二省、擬階の文を奏しき。 天皇、前殿に御せず、大臣、勅を奉じ、省に命じて行ひき。 武蔵国の去秋の水労、下野国の大風、陸奥国の洪水、出羽国の霜雹、加賀国の水旱、出雲国の秋寒、並びに之れを賑給しき。

貞観元年四月四日

四日己丑、広瀬龍田の祭、常の如し。

貞観元年四月三日

三日戊子、 安芸国の采女凡直貞刀自 に姓名を笠朝臣宮子と賜ひて左京職に隷けき。 宮子は 中務少丞正六位上笠朝臣豊主の女 母は、 雄宗王の女浄村女王 なり。 大同元年、 雄宗王 伊予親王の家人なるを以て安芸国に配流せらる。 宮子、少年にして母に従ひ、父…

貞観元年四月二日

二日丁亥、天皇、前殿に御せず、左仗の頭に於いて、飲を親王以下次侍従以上に賜ひ、禄を賜ふ各差有りき。 是の日、詔して 従四位下時佐王 従五位上百済王慶世 を以て並びに次侍従と為しき。

貞観元年四月朔日

夏四月丙戌の朔、日蝕する有りき。 雷雨、東京の民居二家に震しき。

貞観元年三月廿七日

廿七日癸未、制して、主税寮の史生の労は十年を以て限りと為しき。

貞観元年三月廿六日

廿六日壬午、 上野国正六位上波己曾神 に従五位下を授けき。 安芸国正六位上大麻天神 伊都岐島中子天神 水分天神 天社天神 に並びに従五位下。 詔して出羽国秋田郡の俘囚、 道公宇夜古 道公宇奈岐 を度せしめ給ひき。 是れより先、国司上言しけらく、 件の俘…

貞観元年三月廿二日

廿二日戊寅、 摂津国正六位上雪気神 に従五位下を授けき。 伯耆守従五位下家原宿禰氏主 を勘解由次官兼算博士と為し、 周防守従五位下藤原朝臣直道 を鋳銭長官と為して周防守故の如く、 散位外従五位下高丘宿禰百興 を和泉守と為し、 従五位下守左近衛少将藤…

貞観元年三月廿日

廿日丙子、 大膳職醤院無位高部神 に従五位下を授けき。

貞観元年三月十九日

十九日乙亥、 大僧都伝灯大法師位真雅 表を抗げて曰ひけらく、 道の極味は秘蔵に勝ること無く、人の高行は法輪を転ずるに在り。 秘蔵は直に開かず、縁を待ちて乃ち開き、法輪は独り転ぜず、時に逢ひて初めて転ず。 法興り道隆るは其れ由有るべし。 伏して惟…

貞観元年三月十三日

十三日己巳、 領渤海客使大内記正六位上安倍朝臣清行 直講従七位下苅田首安雄 装いを御めて進発しき。 告宣げて云ひけらく、 使等、存問兼領渤海客使と称すべし。 と。 当般、存問使を任ぜざるが故なり。 渤海国副使周元伯 頗る文章に閑ふ。 詔して、 越前権…

貞観元年三月五日

五日辛酉、 相模国大住郡の大領外従五位下壬生直広主 に従五位下、 正六位上大神朝臣田仲麻呂 に外従五位下に授けき。

貞観元年三月四日

四日庚申、 左衛門少尉正六位下紀朝臣令影 右衛門大志従六位上櫻井田部連貞雄麻呂 を河内和泉の両国に遣りて、陶をやく山の争を弁決せしめき。

貞観元年三月三日

三日己未、御斎焼灯の事を停じき。

貞観元年三月朔日

三月丁巳の朔、 散位従五位下和気朝臣巨範 を遣りて、豊前国八幡大菩薩宮に向きて、幣帛財宝神馬等を奉り、即位の由を告げしめき。

貞観元年二月卅日

卅日丙辰、建礼門前に大祓しき。 明日、奉幣八幡大菩薩使を発すべきを以てなりき。 筑前国従二位勲八等田心姫神 湍津姫神 市杵島姫神 に並びに正二位を授け、 太政大臣東京一条第従二位勲八等田心姫神 湍津姫神 市杵島姫神 に並びに正二位を授けき。 此の六…

貞観元年二月廿七日

廿七日癸丑、五畿七道の諸国に下知して、諸神社を修理せしめき。 自今以後、官長専ら当りて年中の修理の色目を朝集使に付せて言上すべし。 と。

貞観元年二月廿五日

廿五日辛亥、六十口の僧を東宮に請じて、大般若経を転読せしめ、今日に起首り三日を限りて訖りき。 凡そ貞観の代は毎年四季に大般若経を転ず。 他皆此れに効へ。 長門国医師従八位下海部男種麻呂 を以て採銅使と為しき。 詔しけらく、 三箇年内に進むる銅鉛…

貞観元年二月十九日

十九日乙巳、 正五位下守右中弁兼行式部少輔大枝朝臣音人 を遣りて、伊勢国多度神社、尾張国熱田、大県等の神社に向きて、神位記と財宝とを奉らしめき。

貞観元年二月十七日

十七日癸卯、 尾張国従二位熱田神 に正二位を授けき。 従四位下大県神 に従四位上、 伊勢国正三位多度神 に従二位。

貞観元年二月十五日

十五日辛丑、越前国司に詔して、大般若経一部を写し、気比神宮寺に安置かしめ給ひき。

貞観元年二月十三日

十三日己亥、 土左守従五位下安倍朝臣房上 を図書頭と為し、 従五位下守図書頭当麻真人清雄 を鼓吹正と為し、 従四位上行阿波守藤原朝臣輔嗣 を刑部卿と為して阿波守故の如く、 散位従五位上百済王慶世 を大輔と為し、 従五位下橘朝臣末茂 を少輔と為し、 従…

貞観元年二月十一日

十一日丁酉、赤黄白の気有り、形車輪の如くにして日を繞りき。 信濃国従二位勲八等建御名方富命神 に正二位を授け、 正三位建御名方神富命前八坂刀売命神 に従二位、 神祇官従四位上生島神 足島神 に並びに正四位下、 信濃国従五位下宝宅神 に従五位上。 大…

貞観元年二月十日

十日丙申、春日の祭、常の如かりき。

貞観元年二月九日

九日乙未、 大初位下春日朝臣宅成 を渤海通事と為しき。

貞観元年二月七日

七日癸巳、詔して、 典薬頭従五位出雲朝臣岑嗣 を備中国に遣りて、石鍾乳を採らしめ給ひき。 従六位下行直講苅田首安雄 を領渤海客使と為しき。 広宗安人の辞退せしを以てなり。

貞観元年二月五日

五日辛卯、西京失火し、数十家に延焼しき。

貞観元年二月四日

四日庚寅、神祇官に祈年祭を修しき。 渤海国の客、能登国に著きき。 是の日、詔して加賀国に遷し、便処に安置き給ひき。

貞観元年二月朔日

二月丁亥の朔、釈奠の礼を停じき。 諒闇なればなり。 使を伊勢国大神宮、及び五畿七道に遣りて、幣を諸神に班ち、即位の由を告げまつりき。 神祇官従一位神産日神 従一位高御産日神 従一位玉積産日神 従一位足産日神 大和国従一位勲二等大神大物主神 に並び…

貞観元年正月廿九日

廿九日丙戌、建礼門前に大祓しき、明日、幣を諸神に班つ使を発せんとしてなり。

貞観元年正月廿八日

廿八日乙酉、 無位錦部浄刀自子 に外従五位下を授けき。 正六位上行少外記広宗宿禰安人 大内記正六位上安倍朝臣清行 を領渤海国客使と為しき。

貞観元年正月廿七日

廿七日甲申、京畿七道の諸神の階を進め、及び新に叙するもの、惣べて二百六十七社なりき。 淡路国無品勲八等伊佐奈岐命 に一品、 備中国三品吉備都彦命 に二品を授け奉りき。 神祇官無位神産日神 高御産日神 玉積産日神 生産日神 足産日神 に並びに従一位、 …

貞観元年正月廿二日

廿二日己卯、能登国、馳駅して言さく、 渤海国の入覲使、烏孝慎等一百四人、珠洲郡に来著す。 と。 太宰府言さく、 筑前国志麻郡の兵庫の鼓自ら鳴り、庫中の弓矢声有りて外に聞えき。 と。

貞観元年正月廿一日

廿一日戊寅、美濃国言さく、 紫雲見る。 と。

貞観元年正月十七日

十七日甲戌、六衛の射礼を停じて行はざりき。

貞観元年正月十六日

十六日癸酉、踏歌の節を停じき。 諒闇なればなり。 従五位下行陸奥介坂上大宿禰高道 を鎮守将軍と為しき。

貞観元年正月十四日

十四日辛未、大極殿の斎講畢りて、名僧御前に論義しき。 被を施すこと常の如かりき。

貞観元年正月十三日

十三日庚午、 散位従四位下利基王 を以て侍従と為し、 従五位下源朝臣謹 を雅楽頭と為し、 外従五位下高丘宿禰百興 を和泉守と為し、 従四位下滋野朝臣貞雄 を摂野守と為し、 外従五位下壱志宿禰吉野 を参河介と為し、 従五位下藤原朝臣真冬 を遠江守と為し…

貞観元年正月十日

十日丁卯、所司、剛卯杖を献じき。 天皇、前殿に御せず、内侍に付けて奏しき。 是の日、天下の諸社の神宝を始め作りき、仍りて建礼門前に大祓しき。 正三位行権中納言平朝臣高棟 奏請しけらく、 別墅、山城国葛野郡に在り。 以て道場と為し、額を賜りて平等…

貞観元年正月八日

八日乙丑、大極殿に最勝王経を始め講じ、元興寺の僧、 三論宗伝灯大法師位道昌 を以て講師と為しき。 音声を挙げざりき。 遏密也。 凡そ、毎年十月、興福寺の維摩会に、諸宗の宗の学業優長にして五階を果したる者を屈せて講師と為し、明年正月、大極殿の御斎…

貞観元年正月七日

七日甲子、詔して、 讃岐国従五位下雲気神 を以て官社に列ね給ひき。 是の日、天皇、青馬を覧給はず。 節会の事を停ぜしなり。

貞観元年正月朔日

貞観元年春正月戊午の朔、天皇、朝賀を受け給はず、諒闇なればなり。 中務省の七耀暦、宮内省の蔵氷様、太宰府の腹赤魚等、内侍に付けて奏しき。

天安二年十二月卅日

卅日丁巳、大祓、大儺、常儀の如かりき。

天安二年十二月廿九日

廿九日丙辰、 無位良岑朝臣親子 に従五位下を授けき。

天安二年十二月十九日

十九日丙午、名僧十口を内殿に屈せて、大般若経を転読せしめ、限るに八日を以てしき。 是の日、仏名懺悔の事を始め修しき。 凡そ毎年十二月二十九日に名僧三四人を内殿に延せ、仏名懺悔を始め修し、三日を限りて訖る。 他皆此れに効へ。

天安二年十二月十五日

十五日壬寅、公卿已下侍従已上を、諸山陵墓に分ち遣りて、荷前の幣を献りき。 是の日、天皇、建礼門前に御し給はず、大臣、事を行ひき。